コラム モラル・ハラスメント

モラハラ夫の対処法

夫がモラハラだった。

どうしよう…

この状況をなんとかしたい…

そう思った時に、必要なことを今日はお話しします。

あなたは なにも悪くない

大切なのは、あなたと お子さんの 心を守ることです。

その場所にいては、あなたもあなたのお子さんも
心を打ち砕かれ、精神的にやられてしまいます。

今あなたは、辛くて、心が痛くて、苦しいでしょう。
前も後ろも、勧めない。
もう、動けない。

そんなギリギリの状態かもしれまん。
でも、あと少し
あなたの行動が必要です。

あなた自身を守るのも、あなたの子どもを守るのも
あなたです。

「行動するのはあなたですが
 あなたの周りには
 力になってくれる人や味方ががいることを
 絶対に忘れないでください。」

思考はパニック寸前

行動する。

とはいえ

もう元には戻れない
夫は変わらない
このまま一緒にいても不幸になる

そうやって離れること決意した翌日には

夫も苦しんでいる、わたしがいなくなったらどうするんだろう? 心配だわ
朝起きれるかしら?食事はちゃんと出来る?独りにはできない
ああ見えて良いところもあるの、夫にはわたしが必要、夫の元にいてもきっと大丈夫

そんなふうに、考えってどんどん変わってしまいませんか?

どれが本心なのか?
わたしはどうしたい?
どうするのが正しい

そうやって、自分がわからなくなる。

先延ばしにしたいわけじゃないけど
気持ちが揺れる。
答えが出せない。

「モラハラは危険だ」と言われても
そんなことない、と疑いたくなったり

「逃げろ」と言われても
どこにいけばいいかわからない
行く所がない
お金もない

下手に動いたら、
怒られる、怖い
突然の恐怖に襲われる

考えれば考えるほど、浮かんでくることがバラバラになる

それが、モラハラ夫のコントロールです。

あなたが夫から
「離れる」か「離れない」かを決めるとしたら、きっと悩むと思います。

でも、モラハラをされたことが
「良かった」のか「嫌だった」のか?

「良い」なら、今 悩む理由なに?
「嫌」なら、やめて欲しいと言えない理由はなに?

そこまでわからない。
「良かった」のか、「嫌だった」のさえも、わからなくなっているかも。

わからないようにされている。

どうにもしようがなくなっている あなたに
夫がモラハラだったら、どうしたらいいのかについてお話しします。

夫がモラハラだったときの 対処法

◎ 距離をおく

物理的に距離をおきましょう。
相手が近くにいる限り、モラハラがおさまることはありません。

夫によるモラハラ期間が長い場合、妻は正常な判断ができない可能性もあります。
そのような場合も、まずは夫から離れるのが一番でしょう。

これ以上心身にダメージを受けないためにも、
居住地を移すなどして距離をおき、
あなた自身を守ります。

早急に離婚する ◎

今は耐えられそうに感じても、将来、精神的に辛い思いをして、
耐えられなくなる可能性が高いです。
モラハラは精神的な苦痛を与えられるため、
自分でも気がつかないうちに、うつ病などの疾患がでるケースも多いに考えられます。

あなたは頑張っているのに
病気になってしまっては元も子もありません。

人生の再生を図る意味でも、早急な行動を起こしましょう。

◎ 建設的な話し合いが出来ないことを理解する

夫婦間に限らず、人間関係で何かあったときには
気持ちを言葉にして 相手に伝えたりし
解決策を 話し合うことが基本ですが
残念ながら、モラハラ夫には通用しません。

話し合いの場を設けても、話の論点をずらされ、罵倒され、
あなたを悪者にしたてあげ、謝罪させようとするか、
今回は許してやろうといった横柄な態度で、あなたに恩をきせてくるでしょう。

あなたは傷つくだけです。
話し合いは成立しないことを肝に銘じておきましょう。

モラハラ人間と話し合いをしてはいけないのか?

続きを見る

心の整理

あなたは今 元気ですか?

活力がみなぎって、毎日バリバリと過ごし
お子さんとの時間に幸せを感じていますか?

きっと違いますよね。

モラハラは、あなたの心をジワジワと蝕まみます。

気づかないうちに、ゆっくりと
ちゃくちゃくと
あなたから生気を奪っていきます。

楽しくなくて
今の状況が、良い状態ではないとわかっている。
それでも

動けない
仕方ない

そう、思ったことがあれば、
モラハラ夫の心のコントロールが効いてきている証です。

取り返しがつかなくなる前に、
今すぐ行動しましょう。

正解?不正解?

あなたが 夫と、何があっても
一緒に居たい、離れない
そう決意したのなら
それも間違いではありません。

なにが正しくて
なにが間違っているか?

なににも支配されず
自分で覚悟して決めた答えであれば
すべて良い選択なのではないかとわたしは思っています。

どんな答えを出しても
それが、あなたの人生です。

では、なぜわたしが、このような対処法をお伝えしているかと言うと
「どうすればいいのか わからない」
と言う女性が、非常に多いからです。
まずは、自分の心が分かる自分 に戻らなければいけない。
そうでなければ、選択さえ出来ません。
そのための手段でもあるのです。

あなたの選ぶ道

モラハラ人間が好むのは
自分の言うこと全てを信じて 黙って言うことを聞く 無知で 口答えをしない人間
です。

モラハラ人間は
暴言無言の圧力
あなたを攻撃してきます。

それに対し自分を見失わず
言われたことを鵜呑みにせず
毅然とした態度で接していきましょう。

モラハラ人間は変わらないのか?

モラハラ人間は、絶対に変わらない
という訳では決してありません。

モラハラ人間が 自分自身で
「自分はモラハラである」と気づき
モラハラが、どのようなものなのかを知り
本気で変わりたい!と真剣に向き合えたのなら
変わることも不可能ではありません。

しかし、その可能性は低いと私は考えています。
モラハラ人間は「自分がこの世で一番正しい」という概念を持っています。
基盤にその概念をもつ人間が
自分がモラハラである、と認めることは
非常に難しいでしょう。
仮に気付いたとして
その自分の行いで
人を、どのように傷つけ、どれだけ苦しめているのか
そこまで認めることは困難だと思われます。

大切なのは、モラハラ人間ではなく
わたしたち自身が何を望み
何を選択するかです。

あなたの ” 覚悟 ” と ” 進む道 ” を応援します。

-コラム, モラル・ハラスメント