" />

未分類

自分が嫌い、周りも許せない。なんか心がギスギスしてしまうのをなんとかしたい。

こんにちは、KYOKOです。

自分のことが嫌い、好きになれないでいると、
誰かのことを好きになったり、何かに夢中になったとしても、心から満たされたり、幸せだと感じられなくなってしまいます。

人生において、まず大切なのは自分を愛することではないかと私は思っています。

前回のお話しで「今の幸せ」を感じることについて触れましたが、その幸せを感じるためにも、根本的な大切なものとなってくると思います。

自分を好きになりたい、どうすれば自分を愛せるの?
そうやって、愛そうとしたけど愛せなかった方や、
そもそもこんな自分好きになれる訳がない、と感じている方も、
これからお話することを実践して頂くと、必ず自分のことを愛せるようになります。

ネガティブを受け入れる!

自分の中のネガティブな感情を思い出してください。
無理!絶対出来ない!など、否定的だったり、悲観的で、落ち込みやすかったり、自分を卑下していたりする感情です。

よくポジティブでいましょう、とか聞きますけど、
ネガティブは悪いから ポジティブなことを考えようとか、ネガティブを追い出そうとする必要はありません。
むしろ、それはやめて欲しい。

世の中には、
昼があって、夜があって
闇があって、光があって
天があって、地があって
男があって、女があって
って、全てのことに陰と陽、表と裏があるんです。

その裏と表は、どちらかが正しくて どちらかが正しくない、というわけではありません。

ネガティブとポジティブも裏と表ですよね。
この2つもどちらかが正しいとか正しくない というのはないんです。
ネガティブでもいいんです。

自分を身動き出来なくさせているのは、自分自身といこうことに気づく!

正しいか、正しくないか
良いか、悪いか
善か、悪か

これって真面目な人にほど、心の中にゴリゴリに住み着いていますよね。

あなたの中の、〜べき、〜ねばならない。

真面目でいるべき。
完璧でなければならない。
常に頑張るべき。
優しくいるべき。
笑顔でいなければならない。
悪口を言ってはいけない。
怒ってはいけない。
贅沢をしてはいけない。
お金は貯めなければいけない。
普通でいなければいけない。

思い当たりませんか?
これって、実は私の中にあったものなんです。実際はもっとたくさありましたけど(笑)
めちゃめちゃ真面目にコツコツ、寄り道なんか駄目、まっすぐ進んで、いつでも精一杯頑張らないと!
それが正しい、そう思っていたんです。
でも、全然幸せじゃなかった。
頑張れば頑張るほど、不真面目に見える人がホント憎らしく見えてきたり、手を抜いているくせに美味しいところだけ持っていく人に メッチャ怒りが湧いてきたりして、仕事中はいつもピリピリしていました。
それに私は、幼い頃、ちょっと人と感覚がずれているとよく言われていたんです。
自分の思いを表現しても、それはおかしい。普通はこうだよ。
いつも、そう言われていたせいか、子供の頃から あまり自分の思いを表現しなくなり、自分から発表したりすることはなかったですし、何か意見を言ったり、感想を言わないといけない時がものすごく苦痛でした。
みんなはどう考えるんだろう。ふつうはどうなんだろう。
大人になっても、ずっと頭の中でそのことばかり考えていました。

でもね、陰と陽、どちらもいいんだってことを知ってから、私の人生は大きく変わりました。

真面目じゃなくてもいい。
完璧じゃなくてもいい。
怒ったっていいし、いつも笑顔でいられなくたっていい。
人と違ってていい、人と違う意見だっていいんです。

わたしはわたしのままでいい。
それがわかった時、ものすごく体が軽くなったのを覚えています。

許して認める。

自分の理想ってあるかもしれません。
そうなりたいと誰でも思いますよね。
でも、そのために、こうしなければならないって自分を型に押し込めるようなことはもう終わりにしましょう。

理想にまだまだ遠い自分でもいい!
そう、出来てない自分もいいんです。

今日からぜひ、こうでなければって思っていることにOKを出してあげてください。
そして、出来ていない自分を許してあげてください。

真面目じゃなくちゃいけない!って思っているなら、
「真面目じゃなくてもいいよ。真面目じゃない自分を許します。」
出来れば声を出したほうがいいけど、無理なら心の中でつぶやいてください。
自分が納得できるまで、10回でも20回でも言い続けてください。

最初はなかなかしっくりこないかもしれませんが、毎日続けているうちに いつの間にかしっくりきていたり、ふいにスッと心に入っていくのを感じられるかもしれません。

読むだけじゃなくて、必ず実践がしてみてくださいね。実際にやることがとても大切です。
心を癖は、そうそう変わりません。
毎日、「〜じゃなくてもいい。そうじゃない自分を許します。」

そうやって 〜べきだ って思うことに対して、これを言い続けてください。
継続出来ないかもしれないと思うなら、継続できなくてもOKです。
やってるうちに1日空いてもいいんです。思い出した時にまたしたらいいんです。
やってみようという気持ちを 実際にやってみることが大切です。
そうやって、少しずづでも続けていくと、絶対、心が軽くなるのがわかります。
私のように体が軽くなったと感じる方もいるかもしれません。

愛があるから、幸せがやってくる

許しとは愛です。
自分を許すというのは、自分を愛することに繋がります。
〜じゃない自分も愛している。
今このままの自分を愛している。
人からの愛ではなく、自分自身の愛で自分を満たすのです。
愛で満たされている人のところには、自然と愛も引き寄せられてきます。


-未分類